HOME » コラム・もっと英語に親しむために » 日本の英語教育について » 中高一貫校生の英語の受験勉強の始め方とは

中高一貫校生の英語の受験勉強の始め方とは

● 英語は理系も文系も重要な科目 英語は理系も文系も重要な科目

大学受験を控えている中高一貫校生は、目指している大学に合格するために受験勉強をしなければなりませんが、始め方がわからないという生徒もいるのではないでしょうか。
大学の受験勉強において、英語はとても重要な科目です。
なぜなら、英語は他の科目と比べて配点が大きく、どの大学受験でも取り入れられているからです。
また、理系、文系に関わらずクリアしなければならない科目のため、これまであまり勉強をしてこなかった中高一貫校生や苦手な人は特に対策が必要になります。
中には理系は文系よりも配点が低く設定されている場合もありますが、それでも他の科目と同じ配点になっているケースが多く、文系の場合は最も配点が高く設定されているため、早い段階で対策をすることが大切です。

● まずは単語学習から まずは単語学習から

英語の始め方に迷った時、まず初めに行うことは英単語です。
単語の暗記は英語の勉強において基礎になるため、知っている単語の数を増やす取り組みを行いましょう。
手間と時間がかかり、コツコツと覚えていかなければならず、後回しにしてしまう人もいますが、知らない単語が多いと長文読解や文法問題も解けません。
一度で覚えようとするのではなく、地道に何度も繰り返して暗記してください。
英文法の始め方は、応用ではなく基礎から徹底的に身に付けていくのがポイントです。
テキストを読むだけでは理解した気になっているだけで終わるため、読んで理解したら問題を解いてください。
一度理解した文法も忘れないように反復することが大切です。
英単語と文法がある程度できるようになったら長文読解の対策を行っていくとスムーズです。
大学の受験勉強を進めていく中で、英語をしっかりと対策するかしないかでは志望大学への合格に大きな影響を与えます。
中高一貫校でのテストの対策や部活などで忙しい生徒もいますが、高校2年生までに共通テストで8割ほど取っていなければ他の科目の勉強も遅れをとる可能性があります。
遅くても高校2年生の終わりまでには受験レベルまで英語を学習しておきましょう。

無料教室見学会実施中!
無料教室見学会実施中!
ページTOP