HOME » コラム・もっと英語に親しむために » 日本の英語教育について

日本の英語教育について

2013年1月、文部科学省はグローバル人材育成に向け英語教育の改革案を発表しました。
その目玉は小学校での英語教育の本格化です。

日本の公教育機関では、長らく中学校・高等学校の6年間の英語教育を行ってきました。しかしこれらの教育のみで英語を習得し、世界で活躍できる人はほとんどおらず本当に英語を身に付けたいなら、それ以外の教育が必要でした。
こうした状況に対し、さまざまな場面で日本の英語教育や英語を身に付けられない日本人の問題点が論じられてきました。
文法を重視し過ぎである、まずは会話力を付けるべきだ、英語教師の質が悪い、島国なので英語に接する機会が少ないなどなど。
日本人のこのような英語への苦手意識は、国際社会のグローバル化が進む一方、日本が長引く不況から抜け出せない一因ともみなされ政府はついには教育制度の改革にまで踏み出したのです。

ここでは英語学習に関する様々な情報を紹介していきます。
子供たちをグローバルに活躍できる人物に育てるためには実戦的な英語力の習得は必須事項です。

英語勉強する上で注目されているのが英語を理解する言語中枢の機能についてです。脳には様々な機能があり、その中でも英語を理解するために必要な言語中枢が注目を集めているのです。

・・・つづきはこちら

英語が苦手な日本人が多いのはどうしてでしょうか?日本人は小、中、高、大学さらには社会人になってからも英語を勉強する人は多くかなりの長い時間英語を勉強してるといえます。

・・・つづきはこちら

アメリカに留学して帰ってきた帰国子女の英語力ですが実際に帰国子女を採用している企業や大学の英語教授の話しを聞く帰国子女の中でも英語力が高い人とそこまで高くない人に別れるようです。

・・・つづきはこちら

小学生は英語の学習スタートに最適な時期です。CDのかけ流し・暗記・足し算などのアクティビティを通した継続学習で、中学生になる頃は大学の使用教材を無理なく訳できる力が身につきます。

・・・つづきはこちら

中学生の英語学習は学校の成績や進学・留学とも直結し、オールラウンドな英語力を養うことが大切です。将来的にも就職やビジネスに役立つので各人の理解度にあわせた学習方法が効果的です。

・・・つづきはこちら

高校生は部活などで忙しくなるので質の高い英語学習を効率的に行うことが大切です。ウザワシステムでは曜日や時間を選択できる個別対応で、大学受験や資格試験の準備を効果的に進められます。

・・・つづきはこちら

英語の習得には「読む」「聴く」ことによる英語のインプットの量を増やし、英語を聞くように音読をします。自分のレベルにあった英文の音読を繰り返すことで読解力やヒアリング力が向上します。

・・・つづきはこちら

大人になってから英語をマスターするためには、知っている単語を使って日記を書いたり、英字新聞を読むなど毎日英語に触れるようにしましょう。シャドーイングは話す力をつけるのに効果的です。

・・・つづきはこちら

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定し、小・中・高等学校の学校教育もグローバル化が推進され、新たな英語教育が本格展開できるように、体制が整えられています。

・・・つづきはこちら

英語が苦手な人も、洋画好きな人はたくさんいます。映画は、英会話のシーンを実際に目で見て、聞きながら理解ができる、英語修得にもっとも適した教材です。英語修得目的で映画を観る手順を紹介します。

・・・つづきはこちら

人は、音楽を聴くと脳の活動が活発になります。とくに好きな曲を聴くと、認知機能が上がるということが脳の研究で明らかになっているのです。英語が苦手な人は洋楽英語学習方法ぜひ取り入れてみましょう。

・・・つづきはこちら

私たちが英語をなかなか習得できない大きな原因は、英語を使う場面がほとんどないからです。つまり、英語を使う場面を増やすことは、英語を覚えるもっとも近道なのです。

・・・つづきはこちら

近年、英語教育先進国への小学生留学が人気となっています。英語以外での母国語を持つ児童専門のクラスを持つアメリカ・シカゴや、会話力に注力するポーランドなど様々な国から検討しましょう。

・・・つづきはこちら

2011年、公立小学校高学年が対象であった外国語活動を必須に、英語教育開始を小学3年生まで引き下げるなどが決定しました。2020年東京オリンピックなどが視野に入った新しい試みです。

・・・つづきはこちら

英語を話すことのできない日本人は、7割を超えて存在しています。年齢を重ねることでの学習意欲の低下や、日本では母国語以外不要でも生活できるという背景が存在しています。

・・・つづきはこちら

日本の英語教育の歴史はいつ開始され、そしてその歴史はどのようなものになっているのでしょうか。明治維新に伴って始まった日本の英語教育の歴史を現代までたどりつつご紹介します。

・・・つづきはこちら

ジョン万次郎は日本で最初の英会話教本を出し、それまで英語に疎かった日本に英語力を広めていきました。元々は漁師だった万次郎の人生は、とても壮絶で華麗なものでした。

・・・つづきはこちら

日本の英語教育は最近では低年齢化して、小学生から義務教育として教えられています。ですが日本の英語教育だけではなかなか教わらないような英語の表現もあるので注意が必要です。

・・・つづきはこちら

日本人の英語は、ローマ字読み・カタカナ発音で訛りが強く、ネイティブの人に伝わりにくいようです。対策としては、ネイティブの発音を毎日聞いて耳を慣らし、マネするといいでしょう。

・・・つづきはこちら

学校で習った英語ではない、ネイティブな言い回しと言うのがあります。こういった言葉は、覚えておくと相手に感心されるだけでなく、意外と様々なシーンで便利に使えるのでご紹介します。

・・・つづきはこちら

中学生の間は比較的、簡単な英語教育から始まりますが、その段階で壁にぶつかると、英語に対して苦手意識を覚えてしまうことがあります。理解することで英語に対する意識を変えていきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語をきちんと理解しておくことで、受験の際の評価に繋がり、志望校の選択肢も広がります。また就職の際にも英語力は有利になります。さらに海外旅行などの際に受け答えもできます。

・・・つづきはこちら

中学英語の学習において、単語の暗記は不可欠ですが、多くの難しい単語を暗記するため、自分に合う方法を見つけましょう。書くだけでなく、声に出して読むことも大切です。

・・・つづきはこちら

中学1年生の中学英語が理解しているか、ないかで得意になるかが変わってきます。とても苦手な人の場合、単語だけをたくさん覚え、後に文法を勉強した場合、理解できる範囲が広くなります。

・・・つづきはこちら

中学英語においてリスニング力はとても大切なポイントになりますが、鍛えるためには単語や文法もある程度の知識も必要です。ネイティブな発音でリスニング力はつけていきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手な人は、英語を聞き慣れることが大切です。そのためのきっかけとして音楽がおすすめで、最初は邦楽の英語歌詞があるものから入り、聴き慣れてから洋楽を聴くと良いでしょう。

・・・つづきはこちら

英語が苦手、嫌いな人は多く、中学英語を克服したい人は、どこが原因で苦手と感じて、嫌いになったのかを知ることが大切です。原因を知った上で、放置せず最適な克服方法を探していきましょう。

・・・つづきはこちら

集中力が必要な中学英語の勉強で、気が散るような環境は避け、リラックスできるような環境で勉強しましょう。慣れてきたら、徹底的に英語に囲まれた環境にするのも、早く覚えられる方法です。

・・・つづきはこちら

中学生にとって中学英語は今後英語が苦手教科になるかの境目です。中学英語は、勉強して学んでいく上で基本となっているため非常に重要です。学ぶポイントは音読を繰り返すことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語は、英語の基礎となる部分であるため定期テストが終われば忘れて良いわけではありません。テスト前だけ一生懸命に取り組むのではなく、次の定期テストに向けて復習することが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語に対して苦手意識を持たずに、楽しくが勉強できるように、自分の日記を英語で書いてみてはいかがでしょうか。英語と日常的に触れ合うことで、苦手を払拭して学ぶことが出来るでしょう。

・・・つづきはこちら

中学生にとって、中学英語は今後勉強していく上で基礎となります。英語を楽しく勉強するためには、映画を見ることがおすすめです。楽しく映画を見ながら中学英語を学ぶためにはコツがあります。

・・・つづきはこちら

日本の中学英語は、自分の考えや相手に対する意見を発信する力を養うための教育が不足しています。これからの中学英語で求められるのは、英語で考え、伝えることができ、聞くというスキルです。

・・・つづきはこちら

高校受験の英語は、中学英語で習うことをすべて覚えていなくても基本ができていれば解ける問題が多いです。そのため、高校受験前は基礎から勉強した方が効率が良くなります。

・・・つづきはこちら

中学英語は、苦手な人と得意の人にはっきりわかれる教科ですが、勉強方法次第で、効率よく成績を上げることができます。無理のない範囲で、できるところから確実に理解していくことが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語が苦手という人も少なくありません。中学英語の悩みの一つに、勉強方法がわからないということがあります。正しい勉強方法と自分なりの勉強方法を上手に両立していくことが大切です。

・・・つづきはこちら

道案内は中学英語で説明することができます。単語単体で覚えるのではなく、フレーズで覚えていきましょう。英語で道案内ができたという体験は、記憶に定着しやすく英語習得への一歩となります。

・・・つづきはこちら

中学英語から苦手意識を持たないように、英語は楽しいものだと感じるような勉強方法で学びましょう。歌や漫画、アニメなど自分が好きなもので英語を勉強してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

中学英語を学校の授業以外で学ぶ方法のひとつに英語教室があります。集団指導と個別指導のメリットを同時に得ることができるグループの中の個別指導という形態がおすすめです。

・・・つづきはこちら

無料教室見学会実施中!
無料教室見学会実施中!
ページTOP