HOME » コラム

コラム

英語は早く学び始めた方が良いとされ、義務教育以外でも学びの場が広がっていますが、英語が苦手な子供もいます。そこで今回は簡単に取り組める英語の学習法をご紹介します。

・・・つづきはこちら

英語の学習法は多種多様にありますが、大切なのは英語を習慣にすること。日常的に英語に触れていれば否が応でも上達するでしょう。こちらでは英語を習慣にする方法を解説いたします。

・・・つづきはこちら

ミュージカルはアメリカ文化の象徴的存在です。今日もブロードウェイでは最高峰のミュージカル作品を発信し続しけています。ネイティブ英語が身についていれば作品を十二分に楽しめます。

・・・つづきはこちら

英語文化で育った人間にとって、ジェスチャーはある意味言葉よりも重要な役割を果たします。外国人とコミュニケーションを取る場合は日本人も是非大げさな身振り手振りで会話してみましょう。

・・・つづきはこちら

ディベートは2派に分かれて雌雄を決するゲーム性の高い討論会のこと。英語で討論なんて難しい!と思われがちですが、実は英語でのディベートは英会話よりも簡単なのです。

・・・つづきはこちら

全世界約70億人の中で、英語文化を持つ国は25%にものぼります。しかし、そのうちネイティブスピーカー人口は約22%しかいません。数字にすると、70億人中4億人にも満たないのです。

・・・つづきはこちら

日本国内だけで通じる英語風の造語を「和製英語」と呼びます。和製英語には紛らわしいものも多く、英語文化圏に旅行した際などに英語だと思って使ってしまう人も多いのではないでしょうか。

・・・つづきはこちら

英語文化を持つ国々のほとんどがお国訛りを持っているといっても過言ではありません。英語を第二言語とする国々はそれぞれの公用語の影響を強く受けていることが多いようです。

・・・つづきはこちら

筆記体は日本の学習指導要領から外され、アメリカでも読み書きができる若者が少なくなるなど衰退の一途をたどっています。しかし、英語文化の中で筆記体が果たしてきた役割は重要です。

・・・つづきはこちら

日本には有名な迷信がたくさんありますが、英語文化にも迷信があります。日本の迷信が日本文化の一部となっているように、英語文化も迷信が習慣化されている部分もあります。

・・・つづきはこちら

英語文化圏の人に日本の文化を紹介するときは、常識→理由→例の3ステップで紹介すると簡潔でわかりやすいでしょう。このポイントを押さえれば日本文化以外の紹介にも使えます。

・・・つづきはこちら

英語にも他国の単語を語源とする外来語があります。英語文化はイギリスの歴史的背景に大きく影響され、ラテン語、スカンディナビア語、フランス語を語源とする単語が多いようです。

・・・つづきはこちら

ネイティブの本場であるイギリスとアメリカですが、この二か国は料理がおいしくない国として有名です。ただし、同じ英語文化を持っていても食文化は違うため、一括りにすることはできません。

・・・つづきはこちら

「How are you?」「 I'm fine.」という受け答えは英語の習い始めに教わる挨拶ですが、英語文化においての「元気?」という挨拶はそれ以外にもたくさんあります。

・・・つづきはこちら

スラングは英語文化で日常的に使われるものであり、ネイティブに話したいなら避けて通れないものです。その一方で、トラブルに発展しやすいタブーなスラングは絶対に使ってはいけません。

・・・つづきはこちら

日本の日付の書き方は基本的に年→月→日という順番ですが、英語文化ではアメリカとイギリスで順番が変わります。アメリカでは月→日付→年、イギリスでは日付→月→年となるのです。

・・・つづきはこちら

本物の映画好きなら映画を字幕なしで見たいと思うことでしょう。映画での学習は趣味と勉強を兼ねられて大変効果的です。ただし、本当の意味で映画が勉強になるのは上級者に限られます。

・・・つづきはこちら

アニメ・マンガは日本が世界に誇れる主要産業の一つですが、英語文化圏に輸出される際は日本向きの内容に修正が入る場合があります。英語文化にはないものや社会問題までもが関わってきます。

・・・つづきはこちら

ケンカや仲直りで自然と英語が出るようになれば、それは英語文化が身について来た証です。ケンカや仲直りのシーンで飛び交う英語のテンプレートをいくつかご紹介しましょう。

・・・つづきはこちら

英語を話すことができる芸能人の中には、英語が苦手だったという人もいます。独学で英語を学んだ芸能人は、英語文化に触れられる環境を自ら作り、積極的に話すことでレベルアップしたようです。

・・・つづきはこちら

スポーツニュースなどで流ちょうな英語を話している一流アスリートの姿を度々目にします。一流アスリートにとって英語はとても重要なスキルであるため、英語の勉強にも力を入れるのです。

・・・つづきはこちら

英語文化の物語に親しむことは英語の上達を促します。英語圏の人々は昔話を伝えるように独自の文化を築いてきました。今なお読み継がれる名作は、英語文化の遺産として残されてきたのです。

・・・つづきはこちら

ITエンジニアとして活躍するなら、日常会話以上に英語の習得は必須です。今や論文は英語が当たり前で、特に最先端の開発に伴って変化するIT言語についていくには英語力が必要です。

・・・つづきはこちら

英語の格言に触れることは、英語文化を味わい尽くすために非常に効果的です。日本の格言と同じ意味のものもあれば正反対の意味になるものもあったりと、文化の違いを楽しむこともできます。

・・・つづきはこちら

マザーグースは英語の伝承童謡の総称です。基礎的な構文形式で楽しいリズム感のマザーグースで英語を覚えましょう。英語文化圏で親が子に教えるマザーグースは英語の基礎になります。

・・・つづきはこちら

幼児期から英語教育を行うことによって英語力を高めることができます。子供の英語学習で大切なポイントは座学ではなく日常生活の中で楽しく自然に英語をマスターしていくことです。

・・・つづきはこちら

英語教育を始める年齢は家庭によっても変わってくると思いますし、一概に断言できません。お子さんがやってみたいと感じたときがベストですからこのタイミングで始めてみましょう。

・・・つづきはこちら

早期からの英語教育を考えているママにはさまざまな悩みがあります。日本語に影響が出るのでは、興味を持ってくれないなどいろいろなママ特有の悩みがありますからそれをご紹介します

・・・つづきはこちら

子どもの英語教育で大切なのは慣れるということです。日常的に英語に触れ合えるような環境なら耳も英語の周波数に慣れますし、英語を話せるような環境を整えてあげるのもおススメです。

・・・つづきはこちら

英検は受験するレベルによって必要となる学力が変わってきます。また、英語文化を理解するのに役立つのは準二級から一級レベルですが、現地で文化に触れるのがもっとも最善の道です。

・・・つづきはこちら

国連英検は英語文化を理解してグローバルに活躍したい方におススメな試験です。コミュニケーションを重視した試験で難易度レベルは高いものの高度な英語力も身につくでしょう。

・・・つづきはこちら

海外留学するうえで大切なポイントは事前の準備です。最低限コミュニケーションがとれるだけの語学力はもちろん、英語文化をある程度理解しておくことも重要なポイントと言えるでしょう。

・・・つづきはこちら

留学や異文化交流で円滑なコミュニケーションをとるためにも英語文化の理解や文化の違いを勉強しておくことは大切です。日本の伝統文化についてもきちんと学習しておきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語は重要な項目が多く、日常会話で使う文法などは中学英語の範囲なので、しっかり理解していれば高校の内容も理解しやすくなります。そのため中学生の場合、3級を目標にするのが良いです。

・・・つづきはこちら

中学生にとって将来的な広い視野においてはTOEIC、間近にひかえた高校受験を視野に入れるのであれば英検を受験するべきです。自分の英語の能力を知るためにはどちらも有効な試験です。

・・・つづきはこちら

中学英語の定期テストの対策として、塾などに行って勉強するのも一つの方法でしょう。しかし中学レベルであれば、自分で参考書などをベースに、繰り返し問題を解く練習が大事です。

・・・つづきはこちら

中学英語の成績を上げるためには、そのときにしっかりと英語の単語や熟語を頭にいれてしまうことが大切です。単語や熟語を暗記するのが結構大変と思っている人も多いからです。

・・・つづきはこちら

中学英語のレベルでTOEICを受けた場合、200点から300点が平均です。過去問を一度解き、300点未満であれば中学英語の基礎から勉強をしなおす必要があります。

・・・つづきはこちら

英検3級は、中学英語レベルでいうと中学卒業段階の英語力が必要です。英検3級の出題パターンはある程度決まっていますので、中学英語の基礎を勉強し、英検3級の試験対策を行いましょう。

・・・つづきはこちら

英検準2級は、高校中級レベルなので、中学英語以上に英単語覚え、対策を行わなければいけません。文法や単語の基礎をおさえ、繰り返し問題を解き、理解することが効率の良い勉強方法です。

・・・つづきはこちら

英検2級は中学英語以上の英語力が必要です。基礎の英語力を上げることで合格率が上がります。基礎が身についていると理解するスピードが速くなるため結果的に効率が良い勉強方法になります。

・・・つづきはこちら

中学統一模試の英語、中学英語の基礎が大切です。過去問、高校受験対策問題を繰り返し勉強することで、基礎が固まり、応用問題も解けるようになります。解説を理解しすることが大切です。

・・・つづきはこちら

英語は高校、大学、就職などの受験や試験において文系、理系問わず多くのところで必要とされます。とくにその基本となる中学英語は復習することで受験や就職試験に備えられます。

・・・つづきはこちら

楽しく学べる小学英語から詰め込み型の中学英語へ変わることが英語嫌いの理由でした。しかし英語を身近にする習慣化と学習を行えば、中学校の英語でつまずくこともありません。

・・・つづきはこちら

中学英語は楽しくなければ長続きしません。映画でもスポーツでも興味さえ持てれば学習はスムーズに運ぶもの。予習も復習も苦痛ではないのです。どうすれば楽しく英語が学べるのでしょうか。

・・・つづきはこちら

英会話ができて、英語を書けないという人は少ないでしょう。なぜなら、発音とスペルは密接な関係にあるからです。中学英語が得意になれば、この先ずっと英語を好きでいつづけるでしょう

・・・つづきはこちら

中学英語の成績は大きく二つに分けられます。定期考査と通常授業の2つです。どちらもノートによる復習で効率の良い対策ができるので、上手に活用する術を身につけましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語には基礎が詰まっています。英検では級を取得するごとに、自信に繋がり、できると実感すると勉強意欲が増すメリットがあります。自分のレベルを知るためにも受験する価値があります。

・・・つづきはこちら

中学生の時に学ぶ、英語力があると基本的に海外旅行に行くことがで可能で、楽しめるでしょう。もちろん場所次第で、シチュエーションにもよります。まずは中学英語をマスターしていきましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の定期テストの成績を上げるには、勉強する項目をリスト化することがおススメです。やるべき項目をリスト化してできるペースで勉強ができる計画を立てるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の苦手意識を克服するために英語版の漫画を読む方法があります。勉強という意識がないためリラックスしながら新しい英単語を覚えられ、日常会話に使える表現を学ぶことができます。

・・・つづきはこちら

より実践的なものとなる中学英語ですが、そこで躓いてしまう子もいます。そのため効率的で、負担の少ない方法で勉強していくことが大切でしょう。1日にすべて行うのではなく少しずつ行います。

・・・つづきはこちら

ビジネス英語はこれからの時代欠かせませんが、中学英語こそがその基礎となります。そのため中学英語を学び。最適な学習方法を実践することが大切です。ウザワシステムもご利用ください。

・・・つづきはこちら

中学英語を効率よくマスターするためには英検を目指すことも大切でしょう。5級から3級までが中学英語レベルのため、それを目標に掲げて中学英語の学習を進めてください。

・・・つづきはこちら

中学英語は英語教育の基本となるためしっかりと行うことが重要です。できれば700時間程度は中学生の間に英語学習を行い、また質の高い勉強をすることでより習得しやすくなるでしょう。

・・・つづきはこちら

中学英語殆どの試験や受験、資格などの基本です。例えばTOEICの受験に際しても中学英語力は必要となります。高得点を狙う際には応用力だけではなくて基礎もしっかりと学んでおきましょう。

・・・つづきはこちら

CDのかけ流しによって中学英語をよりマスターしやすくなり、重要視されているリスニング能力の向上にもつながります。かけ流しによるメリットはとても大きく、英語に慣れることもできます。

・・・つづきはこちら

中学英語を子どもがマスターして成績を上げるためには普段の親の心がけも重要な意味を持ちます。子どもが英語に対して身近に感じられる環境づくりウザワシステムに通わせるなどもおすすめです。

・・・つづきはこちら

中学英語が身についたあとは、小説に挑戦してみてはいかがでしょうか。簡単な単語やフレーズが多い小説や、ネイティブに近い表現が身につく小説があります。最後まで読みきることが大切です。

・・・つづきはこちら

中学英語のテストは、テスト前日から勉強をするだけでは高得点をとることが難しいため、計画的に効率よく勉強させましょう。前日は復習を重点的に行い、余裕を持ってテストに挑ませましょう。

・・・つづきはこちら

中学英語の勉強に適している時間帯は朝です。朝は、脳が最もリフレッシュしている状態であるため、起床後すぐに勉強すると良いです。習慣になれば強制しなくても自然と体が動くようになります。

・・・つづきはこちら

今まで、大学入試と言えば切っても切れないものとなっていたセンター試験ですが、今後廃止されるとも言われています。こういった教育業界の変化もあり、中学英語の必要性が注目されています。

・・・つづきはこちら

無料教室見学会実施中!
無料教室見学会実施中!
ページTOP